パーソナルトレーナーが教えるしっかり食べても太らない食事方法!!

しっかり食べても太らない食事方法をパーソナルトレーナーが紹介します。
あんまり食べてないのに太る、ダイエット中何に気を付けたらいいかわからない人は是非読んでみてください!

・太らない食事にはタイミングが大事!
人それぞれのライフスタイルが違うのでなかなか適切なアドバイスは難しいですが、基本的に夜寝る二時間前の食事はNGです。
特に炭水化物を含む食品は最悪です。
その理由は睡眠時の成長ホルモンにあります。
成長ホルモンとは体脂肪を分解したり、筋肉の合成をしたりとボディメイクには、とても大切なホルモンです。
そして寝る前の食事に炭水化物が入っていた場合血糖値が上がりインスリンを分泌します。
そのインスリンによって成長ホルモンの分泌が阻害され体脂肪の分解だったり、睡眠の質を下げます。
夜ご飯の内容で翌日の目覚めが格段に上がるので注意してみてください。
それから筋トレ後や朝はエネルギーとして使われやすいですが、夜食べたものは、体脂肪として蓄積されやすいです。
なので筋トレ後・朝・昼・夜の順番でカロリーを抑えるようにしてください。

・太らない食事には食べる順番と食べ合わせが大事!
ここで気を付けたいのがインスリンの分泌です。
インスリンは、栄養の取り込みスイッチとも呼ばれ、血液中の栄養を体に取り込みます。
インスリン分泌時にタンパク質(アミノ酸)の割合が多ければ筋合成優位、中性脂肪が多ければ脂肪取り込みに傾きます。
なので食事の際はなるべく野菜、おかず、ご飯のように炭水化物をなるべく後にもってくるのが大事です。
それとなるべくマーガリンとパンやご飯と唐揚などの組み合わせは避けましょう。

・太らない食事は食物繊維が大事!
食物繊維を炭水化物や脂質の多い食事(ジャンクフード)と一緒にとると油の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を緩やかにします。
毎食に野菜を取り入れてみてください。
ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、キノコ類などが糖質も少なくオススメです。

食べる量を極端にへらすのではなく、太らない食材選びと食事法を取り入れることで、しっかり食べても太りにくい生活ができるのです。
一度身についてしまえばずっと使える知識なので、普段から少しずつ気をつけて、健康で太りにくい食生活を手に入れていきましょう。