ダイエットの停滞期を乗り越えるチートデイ‼️

ダイエットをしていると必ず訪れる停滞期💦

今日はそんな停滞期を乗り越えるとっておきのテクニックを紹介します。
いつも体重が4キロくらい落ちて停滞期になり挫折してしまう方必見です。

この停滞期に挫折しダイエットを中断する人も多いかと思います。

この停滞期の原因はいくつかありますが主な要因は基礎代謝の低下です。
低カロリーの食事を続けることによって身体が低燃費モードになり1日の消費カロリーが低くなります。
そこで1食もしくは1日だけ多目のカロリーを取ります。
それにより体にエネルギーが沢山入ってくるよと思わせ代謝をあげることができます。
このテクニックはチートデイという体を騙す日という意味です。
それとチートデイにはストレス解消の効果もあります。

詳しいやり方

7~14日に1日もしくは1食の頻度でドカ食いする日を作ります。
この日はある程度羽目を外して食べても大丈夫です。(普段の2倍くらい)

チートデイの効果を最大限に生かす方法

〇炭水化物を中心に脂質は質の良い(必須脂肪酸)のみにする。ジャンクフードはNGです。
チートデイは、何でも食べていい日ではなく、いつも食べている白米や玄米、果物、根菜類の食べる量を増やす日です。
決して菓子パンや炒飯などの余分なものを食べる日ではありません。

〇出来るだけ早い時間帯に取り入れる。
インスリンの感受性の高い朝の時間帯に取り入れると効果的です。
それに合わせて筋トレも午前中にするといいと思います。
出来れば夕方以降は普段の減量食に戻すといいと思います。

詳しい頻度

理想的な頻度は体脂肪により変わってきます。

男性の場合の体脂肪率(女性の場合はプラス2~5%程度)
25%以上 チートデイの必要なし(一刻も早いダイエットが必要)
20%前後 2週間に1回
15%前後 10日に1回
10%前後 7日に1回
8%前後 4日に1回
これを大体の目安にしてもらえるといいと思います。
と言っても人それぞれライフスタイルが違いますので、効率を求めないなら体脂肪20%くらいでも毎週、週末は飲みに行くとかでもいいと思います。

 

注意点

〇注意点としては連続ではしないこと。
連続でしてしまうとただのリバウンドになってしまいます。

〇中途半端にしない。
中途半端にショートケーキ1個だけなどだと代謝が上がらず、全くチートデイの効果が出ません。

〇普段の食事をしっかり節制出来ている。
しっかり普段の食事が節制出来ており、月に3キロ体脂肪を問題なく落とせるくらいの食事管理が大前提です。

 

まとめ

自分の自身チートデイは、いろいろな方法を試してきました。
1日中ジャンクフード(お菓子、菓子パン)20000キロカロリー以上食べる・焼肉食べ放題でタンパク質と脂質のみで20000キロカロリー以上食べる・健康的にサツマイモや玄米、クルミ、ささみで10000キロカロリー・とにかく食べ放題で何でも食べるとかやりました。
正直どの方法も停滞期は突破できています。
しかし3日後の体重の戻りや次の日の体調が変わってきます。
やはりジャンクフードをたくさん食べた後は体重の戻りも遅いですし、体調も悪いです。
いろいろ方法ありますが自分の中では炭水化物多目の食事を一食だけとる方法が効果が高かったです。
ちなみにこの写真は出雲市駅の近くの中華料理屋さんの五人前のスーパージャンボラーメンです。
おそらく脂質は少な目でしたので2500キロカロリー位だと思います。

チートデイの効果の出る人の条件としては
①毎食の食事をしっかり管理できてる人
②体脂肪が、20%以下の人(女性は25%以下)
③しっかり筋トレをしている人
これらのことができてる人は是非チートデイを取り入れてみましょう。☀️
もしチートデイをやりたいと思う人がいればコメントください。詳しくアドバイスをさせて頂きます。